PAGE TOP

熱中して泳ぐ兄弟とオレ

月と草原を見た羊

皆さん、「おかゆ」について考えてみようよ。そんなに敬遠するような疑問は無いと思うんだよ、「コーラ」の特色って。

曇っている木曜の昼に外へ
学生のころよりNHK教育テレビを視聴することがとても多くなった。
昔は、父親や祖母が視聴していたら、民放のものが視聴したいのに思っていたが、ここ最近は、NHKが嫌ではない。
楽しい番組がすごく少ないと考えていたけれど、近頃は、年配向け以外のものも多いと思う。
それから、かたい番組も好んで見るようになった。
また、暴力的でない内容のものや子供に悪影響がめちゃめちゃ少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンですらとても暴力的だと思える。
いつもぼこぼこにして解決だから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

余裕で泳ぐ兄弟と履きつぶした靴
今季は、近くの海に行っていないが、都合がつけばたいそう行きたい。
現在、子供が2歳なので、波打ち際でちょっと遊ぶぐらいだが、思うに興味をもってくれるだろう。
だけれど、まだ、オムツをつけているから、周りの人の事を考えたら海につけないのがいいと思う。
オムツのプール用もあることはあるが、ちょっとした問題に発展しているらしいので。
蒸し暑い金曜の午後にひっそりと
また、麻衣子と明日香と旅に行ってきました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた短大の同級生で、一緒に学んだ仲です。
しかも、勉強していたのが国際観光と観光英語だったので、旅行が大好きな学生たちであふれていました。
特に、麻衣子と明日香を含む気の合う6人で世界各国へ旅行に行った思い出は懐かしい。
私は今までそれほど仲のいい友人が多い方でもないし、しかもそれで良いと考えています。
だから、単純にうれしかったけれど、すぐ横で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのも私のツボでした。

気持ち良さそうに吠える友人と冷たい雨
ここのところ、小説をぜんぜん読まなくなった。
20代の時は、ほぼ毎日読んでいたけれど、近頃、仕事があるし、読む時間をとりにくい。
時間があっても、ゆったりとした気持ちで好きな小説をじっくり読むという気持ちになかなかなりにくいので、読んでいてもおもしろく感じられない。
けれど、かなりはまる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がかなり好きだから、二人が賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の輝いている新人小説家がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学なのだからと無理やり難しい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。
薄暗い日曜の日没にお酒を
山梨の甲府は果物の郷と言われるくらい、フルーツの栽培が行われている。
日本ではなかなか無い海なし県で、高い山々に囲まれている。
ということから、漁業もできなければ、米の栽培も全然盛んではない。
なので、山梨を仕切っていたあの柳沢吉保が果物つくりをすすめたのだ。
他県に負けない優れている何かが経済を潤すと考えたのだろう。
甲府盆地の水はけのよさと、山国ならではの寒暖の差は美味しい果物を実らせる。

息絶え絶えで踊るあの子と電子レンジ
あまりない事だけれど、情緒不安定な精神に浸ってしまい、ちょっとのことでも集中できなかった。
特定の理由はないけれど、ふとした拍子に悲しくなったり、今までの事が無意味に感じられたりした。
けれど、とある仕事がはいった。
内容は毎年恒例の野外のイベントごとで、結構立派な案件だった。
情緒不安定を理由にしてはいけないと思い我を忘れてしっかりこなしているうちに、いつもの明るい気分になってきた。
そういえば、苦しかったときは、外出して陽の光を浴びるという事をしなかったんじゃないか。
昼間に外出することも素晴らしいと思う。
勢いで熱弁する父さんと夕焼け
甘いおやつがすごく好みで、洋菓子やだんごなどを自分でつくるけれど、娘が育って作るものが限られた。
私たち親がとっても喜んで口にしていたら、娘がいっしょに食べたがるのは当然だから子供も食べてもいいバウンドケーキを私がつくる。
自分は、激甘なものが大変好きなのだけれど、しかし、子供には激甘なケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやバナナをいれたケーキが栄養的にも良いと考えているので、砂糖を少なくして入れて焼く。
笑顔でうまいと言ってくれたら、たいそうつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雹が降った平日の夕暮れは立ちっぱなしで
何年か前から、九州の南に住むようになって台風をたいそう気にするようになった。
強風が全く違うからだ。
長崎に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるが、しかし、台風の被害が全然違う。
サッカーのゴールポストが動いていくと聞いたときは、オーバーだと思ったが、現実だった。
大型台風が通った後は、ヤシや大木は道に倒れ、海の横の道路は海からのゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海辺の家や民宿では、車両のフロントガラスが割れたり、家のガラスが破損し、天井が壊れたりと冗談と考えていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすっただけでも風はとても強く、古い民家にいると家のきしむ音がとても心配してしまう。
熱中して大声を出す兄弟と電子レンジ
鹿児島の老齢の主婦の方は、いつも、弔花をお墓にやっているから、なので、切り花がふんだんに必要で、菊農家も多い。
晩に、車で走行していると、電照菊の灯火がちょくちょく晩に、車で走行していると、電照菊の灯火がちょくちょく目に触れる。
民家の電灯はとっても少ない地方なのに、しかし、電照菊電灯は頻繁に目につく。
菊の為のライトはちょいちょい見えても人の通行はめっちゃ少なく街灯の照明もものすごくほんの少しで、物騒なので、学生など、JRの駅まで送ってもらっている学生ばかりだ。

息絶え絶えで叫ぶ彼女とファミレス
雑誌を見ていたり、街を歩いていると、可愛いな〜と思える人は多い。
顔立ちは、標準的な美しさとは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
その人の雰囲気は、本人の今までの積み重ねかもしれない。
凄く大事だと思う。
私が見てしまうのはアーティストの西野カナだ。
Mステを見て初めて質疑応答を受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と見ずにいられない。
ふっくらした頬に、体格も良い感じ、明るい色がとても合うイメージ。
会話がおっとりしていて、方言もポイントがアップ。
CDは結構聞いていたけれど、これを見てからますますファンになった。

Copyright (c) 2015 月と草原を見た羊 All rights reserved.