PAGE TOP

そよ風の吹く仏滅の夜にこっそりと

月と草原を見た羊

「うどん」のことを特別に考えている人って、いっぱいいるのかな。昔の体験や偏見とかそんなのが、「幸せ」と結びついちゃうことも、往々にしてあるんじゃないかな。

ノリノリで熱弁する友達と飛行機雲
仲のいい子と前から遊びに行こうと約束していた。
天神の駅の待ち合わせスポットになっている大きな広場。
そこで、少しばかり遅くなると連絡がきた。
テレビ前はみんなの集合スポットなので、人々は次第に約束の相手が現れる。
ipodでミュージックを聴きつつ、その様子をぼーっと見ていた。
それでもすることがないので近くのカフェに入り、オレンジジュースを飲んでいた。
30分たって、友人がごめん!と言いながらきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々調べてみたけれど、どこが良いのか探せなかった。

騒がしく叫ぶあの人と私
さやかちゃんは見た感じだけではおっとりしているように見られるらしいけど、活発な女友達。
愛しの旦那様と、1歳のけんちゃんと、3人でイタリアンレストランのななめ向かいのマンションに住んでいる。
一般事務の仕事も育児もしっかりこなして、毎日が充実していて、時間の使い方は上手い。
ちょっとでも暇を見つけると、遊びに行っていい?と絶対電話をくれる。
私は頻繁にミスドを購入し、彼女の家に遊びに行く。
怒って走るあの子とぬるいビール
元々肉類があまり好物ではない食生活はあたりまえに魚介類メインになってくる。
となると、この時期の、土用丑の日は、大きなイベントだ。
東京の方で鰻を開く場合、背開きという風習が現在も続いている。
なんでかと言うと、かつて武士の文化だったので、腹開きは切腹に由来してしまい、タブーなため。
反対に、関西地方で開かれるうなぎには、腹開きにする場合が習わし。
説明すると、関西は商人の町なので、腹を割って話しましょうと言う意味にもとれるから。
他にも、自腹を切るの言い方にも通じるので、場合によってはタブーな場合も。
説明すると、関西は商人の町なので、腹を割って話しましょうと言う意味にもとれるから。
他にも、自腹を切るの言い方にも通じるので、場合によってはタブーな場合も。
この豆知識は、バスガイドの正社員で働いていた時に、毎回、観光客に言っていた豆知識です。
新宿駅から乗り込みして、静岡県の浜名湖や沼津や三島へうなぎを食べるために向かおうという目的。

気分良くお喋りする家族と霧
私の子供がマルモダンスをまねしている。
私と妻は教えていないけれど、3歳だけど頑張って踊っている。
テレビの中でマルモのおきてのメロディが流れると、録画した映像を見ると主張して泣いてしまう。
映像をつけてあげるとエンドレスでずーっと見続けている。
親からみて、テレビの映像を見続けるより絵本を見たり、おもちゃなどで遊んだりしているほうが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今だからこそいっしょに遊んでおくのも自分の為でもある。
雲が多い日曜の昼にシャワーを
毎夜、グラスビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近、その後にワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に外に出かける仕事がない時に限定されるけれど。
横浜にいた時に、アパートの近くでちょっといい感じの酒屋を見つけて、父の日のために購入したことがある。
私は見栄っ張りなので、「1万円以上のワインを探しています」なんて言って。
父に届けた、ワインが一万円することを我慢できずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想はないようだった。
このことから、特にワインの質にこだわらなくなった。
あー幸せだと思える時間の友だったら、金額や質にはこだわる必要は、今のところない。

雨が上がった金曜の午前に座ったままで
カメラ自体、マジで楽しいと思うけれど、また例外的と言うくらい好きなのがトイカメだ。
3000円持っていれば取っ付きやすいカメラがすぐに所有できるし、SDがあるならばパソコンでもすぐに再生できる。
臨場感や、瞬間を撮影するには、ピント調節ができるカメラがお似合いだと思う。
けれど、流れている風情や季節感を撮りたいときには、トイカメには他のどれにも負けないと推測する。
熱中して吠える弟と読みかけの本
友達のボーイフレンドが梅干し屋さんとの事。
都心に本社を置き上海に店もあり、関西の方に工場がある。
各都道府県にたまに、何名かのメンバーで訪問販売をするらしい。
夜中、こんな話を聞くと、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言ったら、たくさんあるよ〜!と出してくれた。
ここで食べた梅干しが、今まででベストに美味しかった。
なんと、さっそくはちみつ梅をオーダーしてしまった。

雨が降る大安の晩はカクテルを
その日は、那覇まで働きに行った。
もちろん非常にあつい!
Vネックの上着の上に、スーツのジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上の背広はめちゃくちゃに。
宿泊先にへついて、コインランドリーに行く暇もなかったのでBODY SHOPの洗顔で綺麗にした。
夜が明けてそのジャケットはグレープフルーツの良い香りがした。
上着が痛まないかと気になったけれど、何があっても洗ってやると心に決めていた。
喜んで話すあなたと俺
かなりの確率でEくんがくれるE−MAILの中身は、一体何を話したいのかほとんど知ることが出来ない。
お酒が入ってても酔ってなくてもほとんどいまいちだ。
しかし、彼が仕事で考えたという、製品と募金に関しての文章を見せてもらった。
意味の通じる文章を書けるじゃん!と思い、感動した。

のめり込んでお喋りする兄弟とわたし
昔、体の状態が悪いのに、偏った食事と、眠りの具合が良くなかったので、吹き出物が多かった。
嫌だなあと考えて、生活リズムを意識し、肌ケアに役立つ事をやろうと情報収集をした。
するとファンが多かったのが、ニチレイアセロラジュースだ。
今に至るまで毎晩飲んでいる。
れもんよりも肌に必要なビタミンCが豊富に摂れるらしい。
体調と美は結局フルーツから出来るのかもしれない。

Copyright (c) 2015 月と草原を見た羊 All rights reserved.